移住から1年経過して思うこと。

こんにちは。ナチュレです。

 

今日は、ここ1年を振り返ってみて、思うことを書こうと思います。

 

私は昨年、コロナが爆発的に感染拡大する少し前に、都市部から地方へ移住しました。

    

移住してから約1年。結論は、“移住してよかった”です。 

  

憧れていた、海のある生活ができています。家の目の前が海、窓から眺める景色は広い海、なんてことは実現していませんが、少し車を走らせれば海があります。

 

なんて最高なこと!これまで海は、遠い遠い先。車を何時間も走らせて、やっと到着。滞在時間よりも、移動時間の方が長い環境でした。 

  

しかし今は、いつでもすぐに、海へ行くことができます。緑もたくさん。海や山に囲まれて自然に溢れ、野生動物もたくさんいます。

そして、ここで暮らす地域の方は、温かく明るい。こんな恵まれた環境の中で、生活できていることに、とても満足しています。

 

       f:id:Nature73:20210227160124j:plain
   

もちろん、100パーセント良いことばかりではありません。が、たかがしれています、難点。

人によっては、”え?そんなこと?”で、済ませられる方もいるでしょう。 

  

私の場合の移住の難点は、簡単に3つ。・・・かな?

1、虫。

2、梅雨の湿気。

3、冬の寒さ。

  

まず、1つ目の「虫」

めちゃくちゃいます。普通です、田舎では。

アブ、ハチ、ハエ、アリ、羽アリ、クモ、ゴ〇〇リ、などなど。

  

次に、2つ目の「梅雨の湿気」

想定外の、たまらなく不快な蒸し暑さ。

ジメジメ感が半端なく、ベタベタと蒸し暑い。

なにより、湿気でコートにカビが生えるなんて、人生初です。押入れの中ではなく、オープンな部屋のハンガーに吊るしているにもかかわらず、です。

  

最後の、3つ目は「冬の寒さ」

暖かい地域へ移住したので、“冬でも秋くらいに感じられるのかな〜”、”最低でも10ど以上あるのかな〜”なんて、甘いことを考えていました。

見事に裏切られました、私の予想。冬はしっかり寒く、霜まで降ります。おまけに家は、隙間だらけの日本家屋。極寒です。(笑)

   

とはいえ、これに勝るだけの良い環境があります。だから私は、”移住してよかった。良い事しかない。”と思っています。

   

移住して間もなく、コロナの感染拡大によって、海や山までがロックダウンするという異例。

感染拡大防止のために、自由に旅行や帰省もできなくなりました。

  

でも、そこからリモートワークやオンライン飲み会、旅行までもがオンラインでできるようになったりと、いろいろな変化があり、その点に関しては良い変化だと思います。

“こんな方法があったんだ”とか、”こんな楽しみ方ができるんだ”とか、新たな発見や気づきがありました。

 

スローライフとwithコロナを、同時進行で体験した1年となりました。

  

もっと、書きたいことはたくさんあります。移住に至った経緯から、現在まで。

どんなことに驚き、どんなことに苦労したのか。また、どんなことを楽しんでいるのかなど、私なりのスローライフの詳細を、ちょっとずつ書いていきたいと思っています。

 

           f:id:Nature73:20210227155740j:plain